展示会とノベルティについて

展示会と言うと、ビジネス目的が多いようにも感じます。産業機器、放送機器、電化製品、自動車、印刷、IT、素材や材料などの展示会はいずれも多くの企業が出展を行い、商品やサービスにおけるデモンストレーションを行う場でもあります。また、このような展示会に参加する人々の多くは、新しい情報を得るために参加をしたり、新しい商品を導入する目的で参加したりと様々です。一方、出展を行う企業の目的はというと、新しい製品や歴代の製品などを出展している事からも商品においての商談を得る事や、企業のイメージアップや見込み客などを獲得する事、そして企業の知名度を向上させるなどの目的があるわけです。


仮に、1つの企業だけで展示会を開いたとしても、多くの人を呼ぶと言う事は中々出来る事ではありません。これは有名な企業であっても、複数の企業が参加する物と比べれば見学に来る人の数は桁違いになります。しかし、展示会を開催し、そこで出展を行えば、多くの人を呼ぶ事が可能になるという魅力もあるわけです。そのため、企業は高額の出展料を支払ったとしても、そこに出展が出来る事は効果を出せる方法でもあるのです。但し、見学に来た人を全て1つのブースに集める事は難しいものです。中には、大半の人がその企業のブースに訪れるというものも有ったとしても、見学に来た人を全て呼び込むのは中々出来る事ではありません。しかし、見学に来た人々の半分を呼び込めればそれなりの企業のイメージアップや見込み客も獲得する事が可能になります。展示会に参加する企業の多くは、粗品などを配布するブースが多くあります。


この粗品はノベルティなどと呼ばれるものとなりますが、ノベルティを配布することで人を集める事も出来ると言うメリットがあります。会場に居る人々は、企業が配布をしたノベルティなどを入れた紙袋などを持っていて、他の人がその紙袋に書かれた企業のロゴや社名などを見ると興味を持ったりします。そうすると、その企業のブースをちょっと覗いてみようという行為をする事もありますので、ノベルティは宣伝にも役立つのです。また、ノベルティは利用価値が高い商品がとても多くあり、貰った事でそれを使えるというメリットもあります。ボールペンなどはちゃんと使えるわけですし、ストラップについてもちゃんと使えます。そしてこれらには企業のログや社名などが記載されており、展示会以外の場所でもその企業の知名度を作る事が出来ると言うメリットがノベルティには有るのです。